財団法人 大東会館

尾崎士郎と僕たち

尾崎士郎と僕たち
影山正治著

尾崎士郎と僕たち

著者と尾崎士郎氏とは郷国を同じくする。昭和十五年、いはゆる七・五事件の時、獄中から著者より尾崎士郎氏に贈つた歌に「男の子の国美まし三河の山川につながるいのちかなしみ思ほゆ」とある所以である。両人の交りは、昭和十四年より昭和三十九年二月尾崎氏の逝去に至る長い交りであり、その間終戦後間もない占領下昭和二十二年春、尾崎士郎氏の生涯に一つの一線を劃した「三十年ぶりの帰郷」の機縁を作り、且つ同行するといふやうな場面もあつた。本書に特異なる風格をもつ国民的文豪と、詩人国士との男の友情を中軸とする、昭和の日本的大浪漫がくりひろげられる。 B6判・660頁・定価2300円・送料510円 購入ページはこちら
お問ひ合はせ