財団法人 大東会館

元号を守るために③

平成 31 年 2 月 28 日

『道の友』で昨年12月号から3回に亘り、福永理事長が巻頭文に執筆された「元号を守るために」は、新元号が前倒し公表されることにつき、これは「天皇の元号」としての本義が失はれるものであるとして、警鐘を鳴らし、安倍内閣の姿勢を痛烈に批判するものです。緊急性に鑑み、ここにその文章を転載させていただきます。

『道の友』平成31年2月号巻頭文より

元号を守るために(三)―皇太子殿下の御聴許を—

『不二』誌巻頭言では、昨年の五月号に「新元号の公表は践祚当日とすべし」と題し、「新元号の事前公表は絶対に不可」である旨を述べ、爾来、事ある毎にその所以を示し、幾度も警鐘を鳴らし、本紙でもこの件については度々言及して来た。「新元号の事前発表が検討されてゐる」との報道がなされた当初、本件の問題の本質を理解し、危機意識を有してゐる人士は少なく、世の大勢はこれに何の疑問も持たず、むしろ当然のこととして受け入れてゐた。しかし、「新元号の事前公布公表は元号の本旨を損ひ、新帝を蔑ろにするもの」との認識が徐々に広まり、特に首相の年頭会見で政府の方針が示されてからは、安倍内閣を支持する保守団体からも続々と批難の声が上がり、また民族派有志の間では断固糾弾の声が高まりつつある。この度安倍内閣が下した判断は、新元号の事前公表のみならず、事前公布をも断行せむとする最悪の選択であり、反発は当然のことであつた。
保守支持層からの批難に危機感を抱いたのか、総理周辺からは「改元に際しては、天皇陛下と共に皇太子殿下にも事前報告がなされる」旨が報じられ、また、去る二月二十二日には、総理自らが皇太子殿下への異例の参内、面会が行はれてゐる。詳細は明らかでないが、今回の御譲位に際しての説明と共に、新元号に関する事どもの奉告もなされたのではないか。本来であれば、皇太子殿下を蔑し奉らむとする安倍内閣の一連の不敬につき、先づは深甚なるお詫びを申し上げるべきところ、果して安倍首相のこの度の参内に、そのやうな意味があつたかどうか。
嘗て竹下首相は、先帝陛下御不例のなか、東宮御所へたびたび参内してゐる。この時、皇太子殿下へ新元号の候補についての御意見を伺ふ内奏があつたのではと囁かれてゐる。政府筋はこれを否定してゐるが、若し内奏の詳細が明るみになれば、反国体勢力は必ずこれを憲法違反として騒ぎ立てるのは明らかであり、内奏の内容が秘匿された可能性も充分考へられる。
「平成」改元の際、最も懸念されたのは御聴許問題であつた。政令が正式に決定される臨時閣議の前に内奏されれば、それは「陛下の御聴許をいただいた」こととなり「天皇の元号」の本義は辛うじて守られるが、臨時閣議後であればそれは事後報告となり御聴許なき元号となる。では、平成改元で御聴許はあつたのか。これは当時の政府高官の証言により、臨時閣議の前に、宮内庁を通じ、内定の新元号が伝奏されたことがすでに明らかとなつてゐる。元号の本義は瀬戸際で守られたのだ。
政府はこの度の新元号選定は平成改元の手続きを踏襲するとしてゐる。さうであれば、臨時閣議での決定前には、必ず、天皇陛下並に次代の新帝たる皇太子殿下の御聴許を賜り、元号の本義が守られなければならない。(福永)

お問い合はせ